波に漂う

学びと試練

私がこの話を語ろうと思ったのは、同じように苦しんでいる人がいるかもしれないと思ったからです。

でも、決してこの話はおしつけるものではなく、あくまでも私個人の話です。
信じる人には真実だし、信じない人には作り話になります。
それをふまえた上で読んでいただければ幸いです。

私は、この夏とても辛い経験をしました。
それはとてもショックだったし、関わった人をすごく恨んだし、悲しかったです。
まるで底なし沼に足を突っ込んだかのように、沈んでいました。

そんな中、夏の終わりにある出会いがありました。
この方はスピリチュアルな方で、私の守護天使と話をして、
私に今必要なメッセージを伝えてくれると言いました。

私は、夏の辛い経験をまだはっきりと口にするほど割り切れていなかったので、
何となく、「職場にどうしても合わない人がいる」と伝えました。
夏の経験とはまったく関係ないことです。
本当は辛い経験について相談したかったけど、
自分でも、初対面の人にうまく伝える自信がなかったのです。

すると、彼女は守護天使が話したがっている、と言いました。
守護天使の話は次のようなことでした。

私は感情のコントロールが今現在の課題で、
現在の職場で私が合わないと悩んでいる人との関係は、
私が感情のコントロールを学ぶために必要だということです。
そもそも私はエネルギーが強く、私がイライラしたり感情が高ぶっていると、
非常に相手を傷つけ、相手を萎縮させるということでした。

そこで、私の夏の辛い経験を指摘されました。
それこそ、私が感情のコントロールができないために起こったことなのです。

「辛いのは貴方だけでしょうか?」

感情のコントロールを学ぶまで、現在の悩みは続くかもしれない。
でも、感情のコントロールを学び、その課題をクリアした時、
自然と感情のコントロールに関わる悩みは解消されるということでした。

それから、すぐのことでした。

不思議と私は夏の辛い経験を見つめ直す気持ちになりました。
そうして、その結果それに関わる人への恨みや怒りが消え、
逆に謝ることになりました。

私が謝る、ということはつまり「許す」ということでした。
その決断をするまでは身が引き裂かれるような想いでした。
しかし、その結果私は多くのものを得ることが出来ました。

でも、無理をしたわけでもなく、偽善でもありません。
本当に不思議なくらいずぶずぶと沈んでいた気持ちがすっきりしました。

まだ感情のコントロールができるようになったわけではありません。
でも、自分の問題点を理解できたことで、自分の行動を思い返すことができるようになりました。


自分を傷つけた人が、自分も傷つけていたことに気づいて心から謝罪することで、
私の周辺の色々なことが良い方へガラっと変わりました。
人間関係、考え方、読む本…
そして、今まで引っかかっていた色々なことをすべて繋がったことに気づきました。

つまり、そういうことだったんですね。
自分の問いの答えは必ず自分の中にある。

今、人間関係ですごく辛い思いを抱えている人には気づいて欲しいと思います。
その答えは必ず自分の中にあります。

自分を知ることは実はものすごく怖いことかもしれないけれど、
その先にある光に気づいて欲しいと思います。
[PR]
by jelliclenight | 2011-09-07 01:29 | つれづれ
幸せになる方法 >>



ミュージカル観劇日記
カテゴリ
全体
ご挨拶
キャッツ
つれづれ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
学びと試練
at 2011-09-07 01:29
幸せになる方法
at 2011-09-05 01:50
光へ
at 2011-08-10 22:45
ひとつぶ
at 2010-06-16 01:13
くらくらと
at 2010-06-15 01:21
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧